« ♪恋のバカンス | トップページ | 10/19 授業レッスン »

2010年10月18日 (月)

ウォッカbar

ロシアといえばすぐに思い浮かぶのが、


《Βодка》ウォッカbar

ではないでしょうか。


ウォッカ無しではロシアは語れない……と言われるほど、昔から人々と深く関わってきた飲み物です。


ロシア人がウォッカを飲む時は、風習やマナーみたいなものがあります。


基本的には何も割らず、そのままショットグラスで一気に飲み干します。日本酒のようにチビチビやる…とは違いますねflair


仲間や人が集う場では、一人一人それぞれが乾杯の音頭をとり、その時に伝えたい思いや、願い等を述べ、みんなで一緒にウォッカをクイッと飲み干します。


ということは……


そう!
最低そこにいる人数分の杯は飲まなければならない…ということです(笑)


もちろん、女性やお酒が苦手な方は、途中で飲み物を変えています。


しかし、男なら当然付き合えるだろ!みたいな暗黙の空気は流れますが…


そのウォッカに合う食べ物も沢山あります。


飲み干した直後に、ロシアの主食の一つ《Хлеб》黒パンを鼻にあて、香りを嗅ぎ、食べてる方も多く見かけました。


人気なのは《Сало》脂身。


他のヨーロッパでもあるそうですが、肉の脂身だけを塩で漬け込んだ保存食です。


日本だと酒の肴にはなりにくいですねcoldsweats01


塩を取りのぞき、真っ白な薄い長方形のお豆腐のような形のСалоを、5ミリ程度の厚さにスライスします。


そのСалоに、薄くスライスした生にんにくをのせて食べます。


ウォッカをクイッと飲んだあとに食べるこのСалоは美味!


音楽家が集う時は、自然とピアノや歌が響き、サロンコンサートのような楽しい時間が流れます。


仲間を囲み、語り合いながら飲むウォッカは美しい文化ですshine

|

« ♪恋のバカンス | トップページ | 10/19 授業レッスン »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1420701/37286982

この記事へのトラックバック一覧です: ウォッカbar:

« ♪恋のバカンス | トップページ | 10/19 授業レッスン »