文化・芸術

2014年5月28日 (水)

5月20日授業レッスン終了♪

5月20日授業レッスン終了♪

本年度二回目の授業レッスンを行いました。


平日授業レッスンの出席率は、日曜の授業レッスンに比べて低いのですが、今回は体調不良で急遽欠席した方もいて、結局1名の出席となりました。研究会は本年度で6年目になりますが、初めてのことです。


というわけで、個人レッスンとなりました。


レッスン曲の一つをお伝えします。


作曲 ラフマニノフ
(Рахманинов)

詩 トルストイ
(Толстой)

作品4ー5
(соч.4ー5)

《おぉ、私の畑よ!》
( Уж ты,нива моя!)


ソプラノ、又はテノールで歌われる歌曲です。

〈悲しみの収穫〉という名でも呼ばれています。


初めから終わりまで、大きなフレーズとレガートが続き、アリアのような身体の使い方を要する曲です。


最後に悲しみが炸裂し、心の叫びとなります。


大変美しい曲です。よかったら触れてみて下さい(^_-)


6月の授業レッスンは、6月22日(日)14時より行います。非会員の見学も承っています。ご希望の方は、http://kurosawa-asami.com/よりメールでお問い合わせ下さい☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月14日 (火)

С НОВЫМ ГОДОМ!!

明けましておめでとうございます!本年度も宜しくお願い致します♪


大変ご無沙汰してしまい、申し訳ございません(;^_^A


研究会は変わらずに活動しております。

本年度も定期演奏会の時期になってまいりました。また詳細を掲載させて頂きます。

皆様にとって、幸多い一年となりますようお祈りしております(^_^)

| | トラックバック (0)

2011年7月10日 (日)

動物は癒しを与えてくれますねclover


ペットの王道は、やはり犬と猫でしょうか。


ロシア語の犬と猫の鳴き声は

Гав Гавdog
ガフ ガフ

Мяу Мяуcat
ミャウ ミャウ

と表現されます。猫は日本と似ていますが、犬は日本の〈ワンワン〉と比べ、力強い印象です。

ロシア学生寮での生活で、猫にまつわる忘れられない出来事があります。


学生寮には数百人の学生と、寮母さんや掃除の方が出入りをしていました。


寮の入口は、鉄製のズッシリした二重扉があります。昼間は開放してますが、夕方以降は朝まで厳重な管理がされ、鍵がしっかり閉まります。


夜大学から戻り、重々しい雰囲気の扉を開けると、まるで「おかえりなさいcat」と言わんばかりに、いつも二匹の猫が私達を出迎えてくれました。


まさに癒しですshine


誰が飼い主というわけではなく、寮のみんなが餌をやり、可愛がり……


この二匹、本当に仲がよく、どこへ行くのもいつも一緒。


お昼寝の時は、腕枕をしてました!!


猫の腕枕、信じられないかもしれませんが、本当に雌が雄の腕枕で(逆かもしれませんがcoldsweats01)、すやすや寝てました。


なんとも愛らしい姿で、写真を撮らなかった事を悔やんでいます。


ある日、大学から戻ると、いつも一緒のはずの二匹が、一匹しか見当たりませんcat


あれ……?

寮母さんによると、昼間いつものように二匹一緒に散歩に行き、帰って来る途中で、しかも寮の目の前の通りで、雌猫はトラックにひかれて亡くなったとの事………


雄猫は、横たわる雌猫の側を離れなかったそうです。

その日を境に、雄猫は餌を食べなくなりました。


いつも一緒にお昼寝をしていたソファーに座り、扉の向こうをじっと見つめ、そこから動かないのです。


学生達は、雄猫に何とか餌を食べさせようと、色々工夫をしましたが、一切口にしませんでした。


その後のある日、大学から帰宅すると、雄猫の姿はなく、寮母さんの顔を見ると、残念な表情で首を横に振りました。


どうして餌を食べなかったのか……


今もふと、あの雄猫の事を考える時があります。


二匹は天国で再会し、きっとまた腕枕でお昼寝をしてるでしょう。


そう願いたいですcatheart02cat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 4日 (月)

6月授業レッスン終了note

6月26日(日)、授業レッスンを行いました。


サロンコンサートを終えたばかりのレッスンということもあり、また、とても流行っている風邪のため欠席という方もいまして、出席人数は3名でした。


咳が酷くなる風邪が凄く流行っています。皆さん、どうぞお気をつけ下さいshine


さて、レッスンの中で歌われた曲から一曲flair



作曲
Чайковский
(チャイコフスキー)



Суриков
(スリコフ)


歌曲 соч.47‐7
я ли в поле да не травушка была…
(私は野の草ではなかったか…)


短調のずっしりとした物静かな雰囲気の前奏から始まり、続いてそっと歌が始まります。


同音が連立する旋律や、嘆きのモチーフがあり、1番、2番、3番と、徐々に音楽に厚みが増していきます。

女性の嘆きを歌ったドラマチックな曲で、後奏も大変美しいです。


機会がありましたら是非ear

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月16日 (木)

カナフリpencil

今年、外山雄三氏指揮で行われる、とあるコンサートで、ロシアの合唱演目が演奏されます。


その合唱譜のカナフリのご依頼がきまして、先日終えました。


日頃から、カナフリのご依頼はよくあるのですが、いつも思うのが、


カタカナで表現できない…
( ̄□ ̄;)!!


でも書かなくてはなりません。


日本語は、必ず子音の次は母音がつきます。


ロシア語は、子音が何個も続いたり、特殊な発音をする子音もあります。


そして、母音が日本語に比べ、とても音が深いです。


カナをふる際、他の言語も同様な問題があるかと思います。


ではどうするか?……


無理矢理書くしかないのです。


市販されている参考書などのカナも、実際の発音とはかけ離れた形で書かれています。


書いている方はきっと、
「本当はこう発音するんだけどなぁ……(~ヘ~;)」

と、もどかしい気持ちになっていると思います。


私もその一人です。


また、それが楽譜上になると、音符の何処に、どの子音が入るのか、非常に表記に困る事があります。


あまりぐちゃぐちゃ書いても、見にくいですし。


しかし、書けないなりにも、それなりの書き方を見つけて、カナフリをしています。


声楽を勉強されてる方は皆さん実感があると思いますが、日本語とその他の言語では、発音において、かなりの違いがあります。

それは、発声にも影響をしてきます。


ロシア語は先程書いたように、母音がとても深く、一つの単語を滑らかに、繋げるように話します。


音楽のフレーズに乗せると、より滑らかに、母音は深く、子音は前に出さなくてはなりません。


これは、単に口先でするのではなく、身体・呼吸と共に、発声そのものに気を使わないと、歌唱は難しくなってきます。


これも、ロシア語に限りませんね!


この楽しみなコンサート、本番は秋頃だったと思います。またご案内させて頂きます(^-^)♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月15日 (日)

ロシアに方言はある?

先日、大阪で指揮者の西本智実さんとお仕事をさせて頂きました。


その時、

「ロシアは広大な領土なのに、方言や訛りがほとんどないですよね〜」という内容の会話をしました。


日本は小さい国ですが、方言や訛りは沢山ありますね!情緒や風情があり、関東育ちの私には、とても心地良い響きです。


しかし、ロシア国内、東西南北各地に行きましたが、方言や訛りを聞いた記憶が全くありません(゚_゚)


理由の一つとして、スターリン時代に、各民族を各地に散らして住まわせ、共通語として、ロシア語教育にかなりの力を注いだと聞いています。


ヤクーツク歌劇場で共演した歌手が、

「うちの子、ロシア語の授業が苦手で…」


日本人も国語が苦手な人はいます。私も含め(;^_^A


しかし、続いて


「発音がね……」


(・・?)………??

ヤクーツク市は、ロシア連邦に属する共和国の一つ、サハ共和国の首都です。


街の飲食店や看板など、全てロシア語を主として使用していますが、サハの立派な民族語があり、サハ育ちの方が集まると、私の全く知らない言語が飛び交ってました。

広いロシアでは、方言や訛りは少ないですが、それぞれの民族語が存在します。


ヤクーツクでは小学生になると、本格的にロシア語の授業が始まるそうです。


母国語が二つになるんですね!


島国の日本人には、あまりピンとこない感覚です(*^_^*)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年3月 8日 (火)

国際女性デー

お雛祭りも終わり、またまた雪snowが降り………
春がそこまで来ていますcherryblossom


本日、3月8日は<Межнародный женский день>国際女性デーですshine


ロシアは祝日で、恋人・友人・家族・学校・職場など、女性はあらゆる男性からお祝いの言葉をかけられます。女性同士でも祝福します。

今は政治要素はなく、純粋に女性を讃える祝日になっています。


プレゼントはお花が主で、色とりどりの花束が沢山店頭に並びますtulipラッピングも華やかで、とても綺麗です。


他のお祝い事や、感謝や愛を伝えたい時、または初めてお宅へ伺う時のご挨拶など、プレゼントとして花束を使う事が多々あります。寒いロシア、お花は決して安いとは言えないお値段ですが、気持ちを伝える大事なアイテムなのですね!アメリカや他ヨーロッパでも同じかもしれません。


日本でも花束の需要は沢山ありますが、普段の生活の中でお花をプレゼントする事は、さほど多くないと思います。さらっと女性へお花をプレゼントする男性を、日本で私はあまりお見かけした事がありません(笑)
文化の違いですねhappy01


お母さん、家族、恋人、友人……どうぞお祝いの一言を(^-^)sign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 2日 (水)

sprinklerain

ぽかぽか天気もつかの間、雪やみぞれが降りましたsnow

気温差がある為、体調管理に気を使いますが、三寒四温を経ると春が来ますねcherryblossom


雨・雪といえば傘sprinkle
ロシアでは、ずぶ濡れになる雨になるまでは、傘をさす人は少ないです。

霧雨では、まず傘をさす人を見た事がありません。


それに比べ、日本、韓国の方は直ぐに傘rainを使っていました。


沿海洲は天候が変わりやすいので、日本のように手軽に買えるビニール傘がキオスクにでもあれば助かるのになぁ…と、私は何度も思いました。


他のヨーロッパに留学していた方からも、傘sprinkleをあまり使わない話しを聞いた事があります。


傘を使うタイミング…
確かに定義はありませんね(笑)


何気ない事ですが、国によって傾向があるのは面白いですflair


皆さんは傘sprinkleを使うタイミング定義、ありますか?(^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月17日 (木)

海燕restaurant

先日のWhite Valentine's Dayに、若い歌手とピアニスト計8名でロシア料理を食べてきました。


お店は文京区春日にある
「海燕」restaurant


本来月曜日は定休日らしいのですが、わざわざ貸し切りでお店を開けてくれました!


至るところにМатрёшка マトローシュカが飾られ、とても可愛らしいお店でしたshine


お料理もとっても美味しかったですrestaurantwinesign01


コースをお願いしたので写真を撮るつもりでいたのですが、夢中で頂いてしまい、すっかり忘れてしまいました……(^o^;


歓談の最中、ふと外を見ると雪snowがしんしんと降っていました。


美味しいお料理を頂き、ほろ酔い気分の帰り道は、なんだかとてもロマンチック……shine


ちょっと寒かったですが(笑)


また伺いたいと思いますrestaurantwine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月12日 (土)

Valentine's Daypresent

もうすぐValentine's Dayshine


日本では当たり前になっているこの習慣。


女性から男性へ愛を伝える日ですねheart02


ロシアでは2月14日のValentine's Dayは、そこまで根強い習慣にはなっていません。


女性から男性へ…ということではなく、お互いに愛を伝えていました。


チョコレートは普段のちょっとしたプレゼントに良く使われますが、Valentine's Dayの贈り物はチョコレートとではなく、赤い薔薇やお人形を渡す習慣がありました。


欧米からきた若い習慣ですので、このイベントを意識する人から、何も関心が無い人まで様々だと思います。


皆様はどんなValentine's Dayを予定されていますか?


私は……………


若い歌手10人程とRussian restaurantrestaurantに行く約束をしています。たまたまこの日になったのですが(笑)


大切な方達という意味では、この日に食事が一緒にできて嬉しいです(^-^)


皆様も素敵なValentine's Dayをheart

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧